東日本大震災から8年。

 

 

 

 

いろいろ考えられる選択肢の中から、

「この一手」を選ぶのは

自分しかいないわけです。

 

 

- 羽生善治 -

 

 

 

 

久しぶりの休日買い上げのせいか、いつもにも増して体が疲れているようだ

寮に帰るとついウトウトとしてしまい寝てしまう

来月からまた月2回に戻ることを考えると体が持つのかと不安になってくる

 

 

さて先日の3月11日は東日本大震災が起こってから、はや8年が経過した

私は8年前ちょうど東京で働いていた事もあり、まさに帰宅困難者の1人であった

電車も動いておらず、バスも満員で大行列、何時間も歩いて自宅まで帰った記憶がある

他にも大勢の人が歩いて帰っており、まさに民族大移動を思わせる様子だった

こんなことが現在日本でも起こるのかと、まるで現実味がなく夢を見ているのではないかと疑ったほどだ

自宅に帰っても停電の為電気も付かず、懐中電灯や仏壇にあった蝋燭でなんとか過ごしていた

働く場所も地震の影響でその日から休職になってしまい、結局仕事は引き上げることになってしまった

あの恐怖の日からはや8年が経とうとしている、東北の復興は少しずつ進んでいる様だが

未だに5.2万人が避難している、まだまだこれからというのが現状だ……

 

東京でもこれから起こるであろう東海トラフ地震、首都直下型地震にしっかりと備えなければいけないと感じた

最近各地で地震が起こっているのも不気味である、日頃からの備えが本当に大切だと思う

 

3月11日はホンダでも何かそういった呼びかけがあるのかと思ったが、別段そういったものはなかった

ホンダも栃木にある研究所四輪R&Dセンター(栃木県芳賀郡芳賀町)は震災で甚大な被害を受け

食堂の壁が崩れ、従業員1名が死亡したほか、栃木県内の複数の関連施設で

壁が崩れる・天井の一部が落ちるなどの被害により、30名以上のけが人が出たそうだが

寄居は関係ないとばかりに、給料賃上げ要求を食堂でやっていた

当日は黙とうが各地で行われていたそうだが、寄居ではやっていないように思う

人間は忘れてしまう生き物だが、忘れてはいけない事もある

賢者は歴史に学ぶというが、ホンダはどうやら経験に学ぶようだ

 

3月11日午後2時46分……願わくばあの時の悲劇が2度と起きないように。

 

 

 


日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


期間工ランキング