夏の恐怖。

 

 

 

恐怖の数のほうが危険の数より常に多い。

 

 

-   セネカ   - 

 

 

 

やっと土曜日、しかし今日は出勤の為お休みではない

今週はホントに時間が経つのが長く感じる

夏季休暇が終わってからというもの、夏の暑さが戻ってきているし

工場内の暑さでやられそうだ

明日のお休みは実質一日もないので、どれだけ体力が回復してくれるか……

 

 

いまとなっては夏季休暇が懐かしく感じてくる

しかしいい事ばかりではなく、不思議な出来事もあった。

 

休み中は人が少なく、風呂に入るタイミングも結構ばらばらだったようで

たまに私一人の貸し切り状態になることが多々あった

その日も私が一人で風呂に入っており「貸し切り状態でいいな〜」なんて思っていた

そして体を洗っていると、人が入ってきたのだ

「貸し切りも終わりだな……」と思っていると

なぜかその人は、私の隣に座るのである……

他にも洗い場は空いているにも関わらず……

空いている映画館で隣の席に座ってくる人のような恐怖感を感じた

正直気持ち悪いし、何を考えているのかわからない

まさに恐怖……さっさと体を洗って風呂から出たが、そっち系の人なのだろうか? 

とにかく様々な人が居るので警戒したほうが良さそうだ

 

たまに風呂にはいりながら、体を洗っている人をじっと見ているような人もいる

いつも男2人で行動している人たちもいるので、そういう趣向の人たちもいるのかもしれない

君子危うきに近寄らず……寮は危険がいっぱいである

 

 

とりあえず今日を乗り切ればお休み、熱中症で亡くなった方も

他の会社で出てしまったようなのでまだまだ油断はできない

水分補給をシッカリとして無理をせず仕事をしようと思う

それでは。

 

 


日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


期間工ランキング