ホンダ、英国での生産止めるってよ。

 

 

 

 

意見の一致には危険が潜む。

何についても特定の意見を持たない人々を

満足させようと試みることになりかねない。

 

 

- マーガレット・サッチャー -

 

 

 

 

まだ2月後半だというのに暖かい、このまま冬は終わってしまうのだろうか?

今週に入ってから気温が上がっており、2勤終了時も刺すような寒さが無くなってきた

このまま春に入ってくれればうれしいのだが、変な気温の際には3月あたりに大雪が降りそうで怖い、今後の予想が気になるところだ

 

 

さて気になるニュースが飛び込んできた、既に皆さん知っている方も多いかも知れないが

ホンダの八郷隆弘社長は19日、英南部スウィンドン工場での完成車生産を2021年中に終了すると発表したそうだ

トルコでも生産をやめ、欧州生産から撤退するらしい

東京都内で記者会見した八郷氏は、電気自動車(EV)などの電動化に対応する必要性を強調し、欧州には、環境規制厳格化の方向性が近い中国で生産した車両を輸出する戦略にシフトするという

ホンダは英国で約3500人、トルコで約1100人の従業員がいるらしく彼らの今後も心配である

 

スウィンドン工場ではシビック ハッチバックを生産していたと思う、次期シビックは北米などで生産することに

なったそうだ、寄居にも少し影響があるかと思ったが、特にはなさそうなので一安心だ

今後は電気自動車に力を入れると言っているが、果たしてそれは日本国内も含まれるのだろうか?

狭山工場の跡地にそのような工場を作るの分からないが、どこの工場で作るのだろうか?

国外の可能性もあるし、現在寄居で働いている方なら知っていると思うが、作業が始まっているのは、この為の布石なのだろうか……

 

しかし英国の工場が閉鎖は大変残念だ、なんだか欧州は難民問題やEUの関係で

とても大変だと思う、今後の動きに注目である。

 

 


日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


期間工ランキング