6月病?。

精神にとって、休閑期は種まき時と同じように重要だ

肉体だって耕作しすぎたら疲れてしまう

–  バーナード・ショー  –

スポンサーリンク

今日は天気も良く、久々に太陽を見たような気すらしてくる

曇り空ばかり見ていると気が滅入ってしまう

暑くても太陽の光を浴びたほうが体や精神にいいかもしれない

と言うのもなんだか最近体がだるいのだ

天候や気温のせいかもしれないが、疲れてしまう

ブログの更新さえ疲れで手が伸びない……

なんなんだろう?とネットで調べてみると

どうやら梅雨の時期は結構「だるい・疲労感・やる気がでない」

などと言った症状が出る時期のようだ日本全体がこの時期は

憂鬱な気分になってしまうらしい

それもこれも6月は日照時間が年間で2番目に短いらしい

太陽の浴びる時間が少なくなると、メラトニンやセロトニンというホルモンが減ってしまい

これにより気分が沈みやすくなったり、やる気が低下する抑鬱気分になってしまう

さらに睡眠や覚醒リズムが崩れたりもするそうだ

これに加えて、冷房を使い始めたり、昼は暑くて夜は涼しいといった

環境、交代勤務と重なれば体も疲れるし気分も落ち込む……

まさにこれだ! 

特に病名みたいなものはないそうだが、5月病の一種かもしれない

しかし酷くなると、うつ病を併発してしまう事もあるようだ

仕事が激務なのでなかなか難しいが、なるべくストレスを

溜めないようにして、お風呂などにゆっくりと浸かり

ストレッチなどをして、十分な睡眠をとるようにしよう

まぁこのストレスを溜めない

と言うのが難しい所ではある

なぜならお風呂でリラックスしようにも

風呂場でストレス増加してしまう事象もあるからだ……

とりあえず気持ちを切り替えて、この時期は低燃費で

ゆっくりと焦らずに生活しよう。


日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


期間工ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました