2022年 あけましておめでとう

日記

 

進歩のない組織で持ちこたえたものはない。

 

 

–   フローレンス・ナイチンゲール   –

明けましておめでとうございます

今年も宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

皆さんごきげんよう

前回の記事からまただいぶ期間が開いてしまった

年末までコロナウイルスの新規感染者もだんだん減ってきており

東京でも一日2桁の人数になっていたため、このまま感染は

低いままがづつくのかと思われたが……

残念ながらそうはならなかったようだ

海外ではいまだオミクロン株が猛威を振るっており

日本でも年末のあの人の多さを考えると

広がるのは当たり前だと思う、海外からの旅行者などは制限しても

海外から日本に帰ってくる日本人がいる限り

第六波は避けられないとは思っていたのだ

本音を言えば日本人であっても日本への帰国を

制限するのが一番だっただろう

いくら自宅待機期間があったとしても

それらを守らず外に出歩く輩はいるものだ

罰則もないようだし、とても緩い印象をうける

しかし今さら言ったところでもう遅い

沖縄では1000人を超える感染者がおり

医療従事者の濃厚接触者が400人も待機に

になっている事はすでに医療崩壊を起こしていると思っても過言ではない

東京も1000人を超えるのは時間の問題だろう……

ワクチンも第三回目が予定されていると聞く

体調が悪くなる事が分かっていて接種を受けるのは

なんだか嫌な気持ちになってしまうが

それも仕方がない

欧州では人口の半分がコロナに感染するのも時間の問題だと言われている

オミクロン株は確かに感染力は高いがそれほど重症化することはない

しかし、一番恐ろしいのは多くの人が感染すると

そこからさらに毒性が高く感染力の高い変異株が出てくるのでは?

という不安である、また重症化率の低さから感染症5類にしてはどうか?

という意見が良く上がるが、私としてはまだ時期尚早だと思う

もちろんさらなるワクチンの普及や国産ワクチンの採用

コロナ用の飲み薬なども登場すればその限りではないが…

とはいえまだまだコロナとの戦いは続きそうである

今年も波乱の幕開けとなった

それでは


全般ランキング
日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


期間工ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました