ウクライナ危機

日記

いかに必要であろうと、いかに正当化できようとも

戦争が犯罪だということを忘れてはいけない。

 

–   アーネスト・ヘミングウェイ   –

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロシア侵攻!

この時代に大国の戦争が起こってからもう一週間が経とうとしている

ウクライナの被害は尋常ではなく、また戦っているロシア軍も被害が出ている

このニュースを聞いたときは自分の耳を疑った

ロシアという先進国がまさか侵攻するとは夢にも思わなかったからだ

侵攻数日前から、国境付近で訓練をするために集まっていると

ニュースを聞いた時から嫌な予感はしていたが

まさか本当に国境を越えて進軍するなんて

誰が予想しただろうか……

ロシアの今回の蛮行は現在の国際秩序の

根幹をぶっ壊し、人類のさらなる発展を数十年は遅らせることになると思う

また現在進行形で世界の脅威であるコロナウイルス

が依然各国で猛威を振るっているこの時

全世界で協力してパンデミックに対抗しているこの時に

このような戦争を仕掛けるという……一体何を考えているのだろう

侵攻の理由?

今回侵攻する理由の一つになっているのは

ウクライナのNATO加盟申請が大きな原因になっていると

言われている、ロシアにとってこれ以上NATOの勢力が

増えるのを防ぐのを防ぐためだろう

現在バルト3国もNATOに加盟しており

そこには米軍が駐留を開始しているという状況だ

これらの状況を打破すべくウクライナ侵攻を

決意したのだろう

開戦当初ロシア軍の進軍は早く、ウクライナの首都キエフは早々に

占領されてしまうのでは?と危惧されていたが圧倒的少数のウクライナ軍や

市民たちの抵抗がありいまだ占領を免れている

ロシア軍は首都から数十キロ離れた地点で侵攻を止めている

というが、いつ大規模侵攻が始まるか戦々恐々だ

軍事力でいえば圧倒的にロシア軍が優位なのだ

プーチン大統領は数日でキエフを占領できると

計算していたらしいが、うまくいかずだんだんと焦って

いるらしい、さらに世界からの制裁で経済にも

影響が出ている事を思えばこれ以上戦争を長引かせる

訳にもいかないだろう、何よりこれ以上の人命の喪失は

ロシア・ウクライナ両国にとっても何一つ良い事はなく

百害あるばかりだ

ウクライナの状況

ウクライナでは市民の被害も甚大

開戦当初ロシア軍はウクライナの軍事施設やレーダー・対空兵器を

ピンポイントでミサイル攻撃していたが、今では市民の住宅にまで

爆撃の被害が広がってきてしまっている

死者もさらに増えるだろうし、避難民も隣国のポーランドに

100万人を超えたとされている、この数字は戦争が長引くにつれて

さらに増えるだろう、悲しい事に子供の死者も増えている……

ポーランドも避難民に対して支援をしているが、これ以上増えると

一国だけでは支援が難しくなってしまうだろう

国際社会が協力してポーランドや周辺国に支援金を送ったり

することが必要だろう

日本でも避難民を受け入れるとの発表があったが

ウクライナからはるばる離れた極東に来ることを考えると

周辺国に金銭的な協力をした方が良いかもしれない

もちろんこちらに親族がいるなどという場合は

話は変わりぜひ厚く遇してほしい

しかし現在ロシア領空は制裁の関係でEUなどの飛行機が

飛行しにくくなっており、空路が実質閉鎖されている事を思うと

日本に来るのは難しくなるだろう……

SNS時代の戦争

今回の戦争ではこれまでの戦争と違いSNSが大きな役割を

果たしているように思う、これまでの戦争は戦地の状況が

解りずらく(特に日本は)情報が鈍い事が多々あるが

ほぼ全員が通信機器を持ち、動画や写真をリアルタイム

撮影してネットにUpことにより全世界がすぐに

その状況を見ることが出来ることになった

これにより戦争の悲惨な状況が伝わり、各国国民のデモや反戦運動につながり

政府を動かし制裁を早めることが出来たと考えている

しかし良い面ばかりではないことも分った

ロシアやウクライナも当然SNSを使っての情報戦を

する必要が出てきたのだ、ウクライナ大統領の

国外逃亡を偽ニュースにすることにより国民や軍の

士気を下げようとするロシア

それに対して国内にいる事をアピールするウクライナ大統領というような状況だ

またフェイク映像なども問題になった

映画やゲームの映像を載せてロシア軍がまさに

侵攻しているかのように見せかけるのだ

まさに悪質としか言いようがない

しかしこれも新しい戦争の側面なのだろう

日本に暮らしていると…

現在進行形で戦争が起こっているという事は

遠く離れた日本に暮らす私には実感しにくい

隣の国が突然攻めてくる恐怖は想像できないだろう

特に日本は海に囲まれた島国である、生まれてからこれまで、平和を享受してきた……

しかし日本も他人事ではない、中国や韓国・ロシアともに

少なからず問題を抱えている

この問題を解決するにはさらなる対話が必要だと思う

対話をなくしてはならないと思う

時間はかかるかもしれないが、戦争になって良い事など一つもないのだ

ロシアもウクライナも現在停戦に向けて対話が行われているという

これ以上お互いの血が流れることのないようにぜひ

対話をして停戦してくれる事を願うばかりである


全般ランキング
日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


期間工ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました