配属。

運がいい人も、

運が悪い人もいない。

運がいいと思う人と、

運が悪いと思う人がいるだけだ。

- 中谷彰宏 -

スポンサーリンク

私たちは、狭山工場のホールに集められた、中は広く広報館といった感じで

各種車の説明の図や狭山工場の全体模型などがおいてある。

ホールの奥には机が設置されており、そこが受付らしい

「お名前をどうぞ」

若そうな社員らしき男性がそう言った

名前を告げると、今度は写真を撮る旨を伝えられる

社員証に使う写真らしい。

受付と写真撮影が終わると、今度は2階にある会議室で受け入れの説明や

安全への講習を受ける。

受け入れの説明によると、ここ埼玉製作所は3つの工場で成り立っているらしい

1つ目の工場はここ狭山完成車工場、ホンダの中心的な工場であり

川越市にも近く東京へのアクセスも良い

しかしながら2021年度をめどに閉鎖が決まっているそうだ

2つ目は埼玉県寄居町にある寄居完成車工場

寄居町は秩父にも近く、東京からは離れてしまうが、自然が多いところである

狭山工場が閉鎖後はこちらに機能を集約するらしい

3つ目は埼玉県小川町にある小川エンジン工場

名前の通りエンジンを主に作っている工場だ

寄居工場から5分ほどの場所にあり、こちらも山の中にある

この3つの工場のどこかに配属になるだろう。

私は寄居完成車工場に決まった。

受け入れの説明や安全講習などを受けた後は、昼食を取ることになった

社員から食券を一枚もらい、工場の食堂に皆で歩いていく

食堂はとても広く昔の工場とは思えないほど綺麗であった

ホンダの食事はとてもおいしいと評判のようで、私も食べてみると

とてもおいしいと思った。

食事の後は健康診断を受け、各寮にバスで移動となる

少しばかり話をした方ともここでお別れだ

彼の健闘を祈りつつ、バスに乗り込む。

コメント

タイトルとURLをコピーしました