2勤。

人生という試合で最も重要なのは、

休憩時間の得点である。

- ナポレオン・ボナパルト -

スポンサーリンク

やっと5日目になった、今日は土曜日だが仕事である

2勤は寮の食堂で昼食を食べてから行くこともできるし

会社でも食事をとることができる

もちろんどちらともにお金を払わなければならない

寮の食事は社員証が使えないため、小銭の用意は必須だ

もちろんお札も使えるので心配いらない

会社で食べてもいいが、昼食はメニューは基本的に

ランチメニューの1種類のみである

前日に会社でメニューを見ていくのをお勧めする。

私は寮の食堂で昼食を取り、バスに乗り込む

会社に向かう窓から眺める、道行く車はみなどこかに出かけるか

遊びに行く途中なのだろうか……そんなことを思いながら会社に到着する

今日は天気がいい、仕事でもなければ私も遊びに出かけたい気分だ

明るい外と対照的に薄暗い工場へ入っていく

5日目になると少しは工場に慣れてきた気がする

まだまだ作業のほうはぎこちないが

それでも最初に比べれば少しは上達している

とりあえず今日が終われば短いながらもお休みである

まだ作業に慣れてないせいか、集中して仕事をしていると

あっとゆう間に時間が経つ、1・2ラウンドが終わり

食事を食べればあと少しだ

来週はついに1勤である、早番なので朝が早い

勤務時間は0630~1515になる

バスはそれよりも早いので結局0430くらいには

起きなければならないだろう

目覚まし時計でも買っておいたほうがいいかもしれないと思った

寝坊してタクシー通勤になるのは御免蒙りたい

日給の半分が消えてしまうからだ、遅刻は避けなければ……

そんなことを考えながら仕事をしていると

ラインが停止した

今日の仕事も終了だ。

道具を片付けてすれ違うチームの人に

挨拶をしてからロッカーに向かう

足と腕が筋肉痛になっている

とりあえず早く帰って寮でゆっくりするとしよう。


日記・雑談ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました