初給料。

この人生は、どんなにつらくとも生きるに値する。

そのためには三つのことが必要だ。それは、勇気と、希望と、いくらかのお金だ 。

– チャーリー・チャップリン –

スポンサーリンク

待ちに待った初めての給料日がやってきた

地獄の休日出勤を終え、やっとの給料だ

前回は皆がもらっているのを指を咥えてみてるしかなかった

今回はいただける、有難いことだ

しかし給料は現在の月の分ではなく、前月の分になるので

月の途中から入社した私は、若干給料が少ないだろうが

仕方ない。

休憩室で待っていると、TLが給料明細を持ってやってきた

「お疲れ様です」との言葉と共に明細を渡される

皆もこの時ばかりは、表情が明るく感じられる。

ホンダの給料明細は3つ折りになっており

糊付けをはがして中身を見る

表には所属と名前が書いてあり、そこには生産本部となっていた

いつの間にか生産本部で働いていたようだ(日本は生産本部らしい……最近変わったようだ)

明細の中を見る、最初の月なので仕方がないと思うが20万円を下回っている

しかしながら、交代手当、休日出勤、生活準備金などで多少の色がついているようだ

控除の欄を見ると基本的な、雇用保険料、健康保険料、厚生年金、所得税、住民税の

悪の税金が国によって勝手に取られており

そのほかは、現物食事課税、現物寮費課税、購買代金が引かれている形だ

現物食事課税は、タダで食べてるホンダの食事にかかっており

現物寮費課税は、寮に住んでいる分+寮での水光熱費が引かれている

ちなみに大体2万円くらいだ、人によってもちろん違うが……

もちろん上記控除は同額の分支給されているので

実質タダである……

購買代金については、工場の売店や自販機でIDカードを使用して

買い物をした分であり、人によってはこんなに使ったのだろうか……?

といったようなクレジットカード状態になる

クレジットカードのように現在いくら使っているかの確認が

できない分厄介かもしれない(総務に行けば確認できるのか?不明)

全体的にみると、前情報で調べた時はホンダの給料は

すくないと言った情報が多かったが、実際まぁまぁな感じだと思う

今回は私は入社月の給料なので少し少ないと思うが

通常の給料でも25万はいかないんじゃないかと思う

休日出勤ありでフル勤務の来月の給料だとまた違うと思うが

それは来月の楽しみにしようと思う

しかし、もっとキツイ工程だと……この給料じゃ

となる方はいるかもしれない。

満了金を目指して頑張っていければいいが

そう思いながら、今日もネジをぶち込む事にする


日記・雑談ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました