日大アメフト問題。

卑怯者は安全なときだけ威丈高になる。

–  ゲーテ  – 

スポンサーリンク

最近テレビをつければ日本大学のアメフトの問題が大きく取り上げられている

日本大学のアメリカンフットボール部が関西学院大学との試合の際に

ありえないラフ・プレーを起こしたという事だ

連日様々な報道や記事が出ているし、先日はタックルした選手も記者会見を

行うなどしている、しかし肝心な日本大学のコーチ&監督の対応が全く

誠実でない事がこの問題を大きくしているのだと思う

まずアメリカンフットボールではタックルは当たり前らしいのだが

映像を見るとまったくゲームに関係ない所で思いっきり無防備な背中に

向かってタックルをしているのが確認できる

私はアメフトは全然知らないのだが、あの映像を見る限り

ただの暴力にしか見えない

試合でもなんでもなくスポーツでもない

ただの突進である

いろいろなスポーツの反則の中でも一等に下劣で卑怯で最悪なものだと思う

こちらに注意を向けてない相手、しかも試合中ではなくて試合が中断している中でだ

そんな相手にタックルをしている時点でこれは傷害罪だろう

タックルを受けた選手は全治三週間程の怪我を負っている

日頃厳しい練習で鍛えた選手もいきなりの不意の攻撃を

受ければ厳しいだろう、逆に考えるとそれだけの殺意がある

タックルである

この卑劣な攻撃をした選手はさらに詳しく取り調べをされなくてはならないが

さらに一番腸を煮えたぎらせてくれるのは、日大の監督内田正人&コーチの存在だ

こいつらは揃いもそろって手前の無能さを晒して、自分はやっていないだの

指示していないだの、認識の違いでしたなんて言ってやがる

普段はきっと偉そうに選手たちに指示したり、運動部の事だから

暴力的な事をして威圧したり、試合に出たかったら~なんてほざいてたんだろう

ところがいざ自分が矢面に出されたり責任を取らされる段になるとこれだ。

監督の内田正人に至ってはいい歳をこきながら自分のケジメもつけれない

くそ爺だ、責任を取って辞める? 何言ってんだこいつは?

まさに今まで何をして生きてきたんだかわからないような奴が

まぐれで監督になったり、大学の中でも上位になっちまうから

こういうことが起こる

くそ爺、お前が指示したんだろうが!

事件発生から何も言わずに逃げやがってほんとチキン野郎だな

こいつの指示でタックルをした選手も十分に悪い、彼もしっかりと罪を償うべきだ

しかし指示をした挙句、指示してないとか私は言っていないとか

言ってるくそ爺はもっと悪質、刑事的社会的責任を取らされるべきだと思う

私が刑を決めていいなら間違いなく死刑だ

もちろん止めなかったコーチ、事件後の対応が意味不明な日本大学

共に責任を果たさなければならない。

また今回は日大のアメフトが大きく取り上げられているが

そもそも日本のスポーツ界自体が腐りきって悪臭を放っている

個人を尊重しない指導方針、組織的な隠ぺい体質、上役に意見できない雰囲気

自分の意思を持たず先生やコーチと呼ばれ浮かれて自分の支配力を示したり

自分の欲求のままに動く指導者……

スポーツだけではないのかもしれないが、まさに腐敗している

スポーツを通じての人間育成やフェアプレー精神

肉体鍛錬などの、スポーツとは何ぞ?

なんてことは一切指導せず、ただ勝つ事を教えたり

自分の評価を上げる為だけに、選手に勝ちにいかせる

勝つためなら何でもやっていい

こういった指導が多すぎる

第2第3の内田正人が増えていくだけだ

今回の件はさらに調査をしなくてはならないし

必ずや内田正人監督 コーチ 日本大学の罪を暴いてほしい

タックルをした選手は生涯この事件を忘れないでもらいたい

しかし彼もまた被害者であることも重視するべきだと思う

もし他の健全な指導者の下でアメフトをやっていたらと思うと残念で他ならない

世界に挑めるような選手が一人また、日本のスポーツ界から去ってしまったのだ

一番の害悪それは日本のスポーツ界そのものであり、意識を変えていかなけれな

ならないと強く願っている、また今回の事件の解明をしっかりとしていただき

このことを忘れる事なく、今後の日本スポーツ界の大きな分水嶺にしてほしい

と思っています。

今回は私も昔スポーツをやっていた身としてつい熱くなって語ってしまったことを

お詫び申し上げます、しかし書かずにはいられなかったので私の感想を書きました

完全に私の独断と偏見と考えによる記事です

暑くなるのは仕事中の現場だけで充分なのだが……

それでは。


日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました