エネルギー赤字。

人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくがごとし。

急ぐべからず。

– 徳川家康  – 

スポンサーリンク

やっぱり休日出勤があると疲れる

そしてその疲れが翌週に持ち越されるのだ

初日からなんだが疲れが体に残っているのである

反対番はやはり死んだ顔をしていた

先月までは我々がそうだったのだから気持ちが良くわかる

しかし6日働いて1日の休みで体の疲れは取れるわけがない

常に体のエネルギーは赤字決算なのだ

というのも土曜日の休日出勤では人がいないにもかかわらず

どうゆうわけか生産数が上がっていたのだ

期間従業員は全員出勤だというのに、少数の社員が休日出勤を

拒否して休んでいるらしい、いったいどうなっているのやら……

そのせいで忙しかった、まぁ我々はあまり関係なかったが

残された社員が走り回っていた

休日出勤で働いているのだから下手な事せずに

フツーに生産していればいい物を

余計な事しているから、余計なトラブルが起こっている

その結果、あれ?休日出勤の意味あるのか?

なんて事態になる。

それでも2勤時の時に比べれば疲れがだいぶましなのだ

2勤時は本当に疲れ果てて、その週はやる気が全然でなくなる

ホンダには早急に休日出勤は1勤だけの交代ずつにしていただきたいものである。


日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました